JPAL紀伊國屋展2016 終了しました

4週にわたり、紀伊國屋書店新宿本店4階フォーラムにて開催しておりました
JPAL紀伊國屋展2016」終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

第1週、第2週についてはこちらの記事を御覧ください。
http://njet2.blogspot.jp/2016/06/jpal2016.html






第3週「第3週「パブリッシュファンタジスタの仕事」では、
Tarzan No.692の連載「これが世界の一流品」に掲載された挿絵、
マルカフェ文藝部発行の文芸誌「棕櫚」第4号の表紙絵、
「よいとな」4号に寄稿した自衛の俳句を題材に描いた挿絵の3点を出品しました。





第4週「日本挿絵大賞2016」では、公募展「日本挿絵大賞2016」の受賞者・入選者の展示が行われました。
日本挿絵大賞2016」とは、手描きの挿絵画家の団体である日本出版美術家連盟主催の公募展です。
小説等の物語をテーマに描かれた、手描きの挿絵を公募いたしました。

日本挿絵大賞2016 特設サイト
http://sasieaw.syuppanbi.com/sasieaw/

審査では、「物語性」を打ち出しているか、文章と並んだ時に活きた挿絵であるか、
デッサン力、画材を駆使しているか、が審査対象となり、
以下3名の方が受賞されました。受賞者の皆様、誠におめでとうございます!

大賞 若松篤志様

紀伊國屋店賞 橋本京子様

リキテックス賞 田中豊美様



6月18日(土)には、授賞式と交流会が行われ、私も参加しました。
JPAL会員の皆さんとはもちろん、公募展に出品された作家さんとお話できて、楽しいひと時でした。



去年も参加した紀伊國屋展ですが、今年は作品をお買い上げいただけて、とても嬉しかったです。
絵を買っていただいた皆様の生活がより気持ちの良い空間になったら幸いです。
梅雨の時期、足元悪い日もあったかと思いますが、たくさんのご来場、誠にありがとうございました。