舘野スケッチラボ 続けて参加


5月から通っている絵本作家・舘野鴻先生の舘野スケッチラボ。いつも見たり話を聞いたりに集中しているから、あまり手を動かしてないので、実は一枚も絵を完成させたことがない。先日はミドリカミキリを描いた。

ミドリカミキリは構造色の昆虫なので、光の加減によって見える色が全く変化する。自分で光源を設定して描くことすら覚束ないのに、変化する色の中から、色を見つけることが難しい。でも「じっと観察して意識的に色を探せば見えてくるから」と先生は言う。たぶんこれかなぁ?と思いながら色を乗せてみた。


舘野先生が普段使用している筆を一本いただいたので、今回初めて使用。筆を何種類も使うことなく、この一本のみで描いているとのこと。しかし、先生と同じ筆を使ったからといって同じように描けるわけもなく…。胸部と腹部左側のキワ辺りは先生に実際に説明を受けながら描いてもらった。

その後自分でも手を加え、ある程度着色した段階で、この先どう手を加えていけばいいのか分からず相談したところ、では実際に描いてみましょう、と上翅部分を舘野先生に加筆してもらった。先生の筆さばきは魔法のようだった。



ここで愚痴るのもナンだけど…高校生の頃に通っていた画塾でいつも、色がおかしい、濁ってる、なんでこんな和菓子みたいな色ばかり使うんだ?、と言われ続けたまま克服できずに卒業してしまったので、それからずーっと「色彩」に纏わる全てのことが嫌いになった挙句、それを克服しようともせず「どうせセンスないから」と、自分の中で終わらせてたんだけど、幸運にもKazuTabuさんや舘野先生から色彩の基本的な知識、塗り方について親身に教えてくれる人に出会えたおかげで、真面目にトライしてみようという気持ちになってきた。本当に好きだったら、人に左右されず何度も描くことで自分なりの答えを見つけられたんだろうけど、基本的に「色彩表現が嫌い」なので(しかしこれは思い込みかもしれない)「嫌い」なものを「好き」になるには、外からの影響がない限り変化はない…と思う。

しかしながらそう思うと同時に絵の上手い下手の問題ではなく、最終的には自分が納得できるかできないかの問題だよなぁとも感じる。というか、上手い人って「もういいや」と思うことがなく、最後のギリギリのところまで「納得しない」んだと思う。

オレは「納得」したいだけだ!「納得」は全てに優先するぜッ!!でないとオレは「前」へ進めねぇッ!(byジャイロ・ツェペリ)
……この台詞、めっちゃかっこいいよなぁ(脱線した)。



並行してアフカリンピーチモスという、ケニアの蛾を点描でも制作中。こちらもなかなか終わらない。年内に描けるのか…?